TRiP-A

マイページ
ENGLISH

TOPICSトピックス

海外出張で失敗しないための国際線乗り継ぎ時間のポイント

海外出張


研究者の皆様が学会参加や研究のために海外出張する際、国際線の乗り継ぎ時間は非常に重要なポイントとなります。適切な乗り継ぎ時間を確保することで、スムーズでストレスの少ない旅行が実現します。ここでは、海外出張者が特に注意すべき乗り継ぎ時間のポイントについて解説いたします。

乗り継ぎ時間の確保

国際線の乗り継ぎ時間は、空港の規模や手続きの複雑さによって大きく異なります。また、各空港には「Minimum Connecting Time(MCT)」と呼ばれる最低乗り継ぎ時間が設定されています。これは、航空会社や空港が定める乗り継ぎに必要な最短時間を示しており、この時間を下回る乗り継ぎは保障されません。一般的には、最低でも1.5時間から2時間の乗り継ぎ時間を確保することが推奨されますが、次のような要因によっては、さらに長い乗り継ぎ時間が必要になることがあります:

  • 大規模空港:空港が広い場合、移動に時間がかかることがあります。
  • 入国審査:一部の国では、乗り継ぎ時にも入国審査が必要です。
  • 手荷物の再チェックイン:場合によっては、手荷物を一度受け取り、再度チェックインしなければならないことがあります。

乗り継ぎ空港の選択

乗り継ぎ空港の選択も重要です。大規模なハブ空港では乗り継ぎがスムーズに行えるように設計されていますが、混雑時には時間がかかることもあります。逆に、小規模な空港では移動は簡単ですが、便数が少ないため、遅延が発生した場合の代替便の確保が難しいことがあります。

フライトの遅延を考慮

乗り継ぎ時間を計算する際には、フライトの遅延を考慮することも重要です。特に、冬季や悪天候が予想される時期には、遅延のリスクが高まります。そのため、乗り継ぎ時間を長めに設定しておくと安心です。

当社の「おまかせ相談」サービスを活用

TRiP-Aでは、気になったフライトプランを専門スタッフに送信して、乗り継ぎ時間や他のプランのアドバイスを求めることができます。このサービスを利用することで、適切な乗り継ぎ時間を確保し、快適な海外出張をサポートいたします。

サービスの特徴

  • 専門スタッフのサポート:豊富な経験を持つスタッフが、最適な乗り継ぎ時間やフライトプランを提案します。
  • 迅速な対応:お客様のご質問やご相談には1営業日以内に返信します。
  • お客様に合わせた最適なプラン提案:研究者のニーズやスケジュールに応じて最適な旅行プランを提供します。

相談方法

TRiP-Aオンライン予約の途中でご相談いただく場合

予約途中の「お見積り依頼」ボタンから、ご相談内容を入力して送信してください。選択されたフライトプランがスタッフにも届きますので、乗り継ぎ時間のご相談や代替プランの提案依頼などもスムーズに行うことができます。

最初からおまかせ相談をご利用いただく場合

こちらのお問い合わせフォームを送信してください。

まとめ

国際線の乗り継ぎ時間を適切に計算し、スムーズな海外出張を実現するためには、事前の計画が重要です。当社の予約サイトを活用し、専門スタッフのサポートを受けることで、安心して研究や学会に集中することができます。
ぜひ当社のサービスをご利用ください。