TRiP-A

マイページ
ENGLISH

TOPICSトピックス

海外学会でのポスター発表:ポスターを預入手荷物にするか機内持ち込みにするか?

海外出張

海外学会でのポスター発表は、研究成果を発表する絶好の機会です。しかし、ポスター(特にA0サイズの大きなもの)を安全に運ぶ方法については、多くの研究者が悩むところです。ここでは、ポスターを飛行機に搭乗する際に預入手荷物にするか機内持ち込みにするかについて、それぞれの利点と注意点を解説します。

預入手荷物にする場合の利点と注意点

利点
  • 手荷物の負担が軽減される: 大きなポスターを機内に持ち込むと、他の荷物と合わせて運ぶのが大変です。預入手荷物にすることで、移動が楽になります。
注意点
  • 破損や紛失のリスク: 預入手荷物は他の荷物と一緒に扱われるため、破損や紛失のリスクがあります。潰れにくいポスター用の筒に入れておくことをお勧めします。
おすすめの対策
  • 予備のポスターを持参: デジタルデータをUSBやクラウドに保存しておき、万が一の紛失や破損に備えて現地で再印刷できるように準備しておくと安心です。
  • スーツケースとまとめる: ポスターのみが紛失しないように、一緒に預け入れるスーツケースにしっかりとくぐりつけておきましょう。

機内持ち込みにする場合の利点と注意点

利点
  • ポスターの管理がしやすい: 自分で持ち込むことで、ポスターの状態を常に把握できます。壊れやすい資料や重要なポスターの場合、特に有効です。
注意点
  • 手荷物のサイズ制限: 航空会社によっては、手荷物のサイズや重量に厳しい制限があります。A0サイズのポスターが入る適切な筒を用意し、航空会社の規定を確認してください。
  • 機内での保管場所: 機内の限られたスペースで、ポスターの置き場所を確保するのが難しい場合があります。荷物棚や座席下に入らない場合、乗務員に相談して安全な場所に保管してもらうことが必要です。
おすすめの対策
  • 航空会社の規定を事前確認: 航空会社ごとに異なる規定を事前に確認し、手荷物として持ち込む場合のサイズや重量を把握しておくことが重要です。
  • 窓側の座席を指定: 窓側の座席であれば、自分と壁の間に筒を置くことができます。どこにも預けず自分の目の届くところで保管したい場合にはおすすめです。
  • 布に印刷する: ポスター自体を紙ではなく布に印刷すれば、折り畳んで持ち運ぶことが容易になります。現地到着後、アイロンを利用するか、湿度を上げたバスルームに吊り下げるなどして早めに畳み皺を取るようしましょう。

機内への持ち込みは可能なのか?

国土交通省の資料「機内持込み・お預け手荷物における危険物の代表例 」のなかで、「ポスター・掛け軸等の収納ケース」は機内持ち込みにバツ印(不可)が付けられていますが、次の注意書きが記載されています。

長さ70cm以下のものは持込可能。
紙製やプラスチック製のもの等で凶器にならないと判断された場合は70cmを超えるものであっても持込可能。

A0サイズのポスターを折らずに入れるには長さ約90cmの筒が必要になります。
上記の但し書きによれば、航空会社の許可があれば持ち込むことができるということになるでしょう。ここで重要なのは、航空会社の判断によるという点です。チェックインカウンターでは係員に、危険物ではないこと、重要なものなので紛失しては困ること、などをしっかりと説明して理解を求めるようにしましょう。

海外の体験談

(インターネット上で確認できた体験談で、当社のお客様のものではありません)

  • 去年、ドイツからアメリカに飛んだ時は普通サイズのポスターチューブを持っていて、頭上の収納に入れることができたよ。でも、同僚たちはかなり大きなチューブを持っていて、乗務員がどこか前の方に置いてくれたみたい。

  • 鞄と身の回り品に加えてポスターチューブを持っていたことがあるんだ。チューブは、頭上の収納の後ろにバッグを前にして置けるし、もし窓側の席なら、足と壁の間に押し込むこともできるよ。

  • ただ持ち込めばいいんだよ。チューブとリュックを持ち込んで問題があったことは一度もないんだ。最悪の場合でも、ゲートで預けさせられるくらいだよ。

  • 僕の知っている人は、身の回り品として持ち込んでいるよ。(僕はいつも他の人のチューブにポスターを忍ばせているから、自分の経験はないけどね、笑)

  • 問題があったことは一度もないよ。もしチューブにストラップがついていないなら、絶対につけることをおすすめするよ。以前、ストラップのないチューブを持って行ったら、二回も空港に置き忘れてしまってね。結局、イベントでポスターを再印刷しなければならなかったんだ。

  • リュックと鞄、それにポスターチューブを全部機内に持ち込んだことがあるけど、誰にも何も言われなかったよ。チューブは大抵、頭上の収納にちゃんと入るし、短いフライトなら立てて持っていればいいんだ。

これらのポイントを参考にして、大切なポスターを安全に運び、学会発表を成功させましょう。