TRiP-A

マイページ
ENGLISH

TOPICSトピックス

2024年パスポートランキング:海外出張研究者必見!

海外出張

海外の学会参加や研究のために出張する研究者にとって、パスポートの利便性は重要なポイントです。2024年のパスポートランキングに関する最新情報をお届けします。このランキングは、Henley & Partnersによって発表されたもので、各国のパスポートがどれだけ多くの国でビザなしで入国できるかを評価したものです。

2024年パスポートランキングトップ10

Henley & Partnersの「ヘンリー・パスポート・インデックス」によると、2024年度のパスポートランキングトップ10は以下の通りです:

1位:194カ国 フランス、ドイツ、イタリア、日本、シンガポール、スペイン

2位:193カ国 フィンランド、韓国、スウェーデン

3位:192カ国 オーストリア、デンマーク、アイルランド、オランダ

4位:191カ国 ベルギー、ルクセンブルク、ノルウェー、ポルトガル、イギリス

5位:190カ国 ギリシャ、マルタ、スイス

6位:189カ国 オーストラリア、チェコ共和国、ニュージーランド、ポーランド

7位:188カ国 カナダ、ハンガリー、アメリカ

8位:187カ国 エストニア、リトアニア

9位:186カ国 ラトビア、スロバキア、スロベニア

10位:185カ国 アイスランド

日本のパスポートのランク

日本のパスポートは、2024年のランキングで非常に高い評価を受けています。日本のパスポート保有者は、194カ国にビザなしで入国でき、再び世界トップに立っています。これは、学会参加や研究のために多くの国を訪れる研究者にとって大変有利な条件です。

パスポートランキングの意義

パスポートランキングは、研究者がどの国に出張しやすいかを示す重要な指標です。ビザの取得に時間がかかる国々を避けることで、スムーズな出張計画を立てることができます。また、ビザなしで入国できる国が多いパスポートを持つことで、突発的な出張や学会参加にも柔軟に対応できます。

Henley & Partnersの調査

パスポートランキングを発表しているHenley & Partnersは、毎年このランキングを更新しています。詳細なビザ要否リストは、Henley & Partnersの公式サイトからダウンロードすることができます。以下のリンクからアクセスしてください:

※「ビザ不要」となっている渡航先であっても、事前の電子渡航認証が必要な国がありますのでご注意ください。